2007年01月03日

手作りシャンプー・・石けんシャンプー

天使の優しさに続き、シャンプーも石けんで作ってみました。
前に、シャンプーの成分でラウリル塩酸ナトリウムっていうのが入っているのはよくないって、聞いたことがあり、そのころから石けんシャンプーが気になってました。

でも、話によるとかなりゴアゴアになるらしいし、、
もともと私の髪の毛、カラーで痛んでるから これ以上バリバリになったら困るな。。。
っと尻込みしてたけど。

DSCF3562.jpg

使っているうちに、毛が強くなり スカルプケアにもとっても良いらしい。
このところばさばさになった髪の毛をごまかすために、ミースタイル(ムーミンのミー)が多かったから、ちょっとおでこ辺りが髪の毛薄くなってきたようだし。

ここは、年末からお正月にかけて、石けんシャンプーに切り替えてみようかと決心。

作ってみました。(いや、作ったといえるほどのものではないですけど。。)

マルセイユ石けんとかそのまま使ってもいいらしいのですが
固形のシャンプーに慣れないので、わたしは液体にしました。
(写真は、もう半分ぐらいは使ってしまった後です。)

もともと、泡立ちは 市販の石けんほどではなく、さらに薄めるので
もともといっぱい泡は立ちません。

お好きな手作り石けんを細かく刻んで溶かします。
オロシガネとかでやっても良いようです。
溶かすときは、耐熱ビーカーに入れて、レンジでチン。
それでも残ってしまっているときは、ゴム製のヘラとかドレッシングとか作るときの小さい泡だて器のようなものでクルクルしてください。

お水と石けんの割合は、1:5ぐらいにしました。
あまり石けんの量が多いと、ポンプから出にくいようです。

私は今回は、海藻の石けんで作ってみました。
(なんとなく、髪によさそうだったもので。。。)
DSCF3561.jpg
石けんは、ここで買いました。

チンをしたあと、自然に冷めてきたらお好きなEOを2滴ほど。
ラベンダーとかレモングラスとか。

ついでにわたしは、クエン酸でハーブリンスも一応作ってみた。
これは、シャンプーに比べやや面倒。
ハーブティ用のカモミールとカレンデュラを30-40gぐらいをボールに入れて
沸騰したお湯を400mlをボールへ。ボールにはラップで蓋をして、冷めるまで待つ。
冷めたら、ハーブをガーゼとかで漉し、リンスの容器へ。
その中にクエン酸を45gぐらい入れて、よく振って溶けたら出来上がり。
リンスキットもここで買っちゃいました。
作り方もこのショップに掲載されてます!

カモミールの匂いがお風呂の中で癒されます。

ちなみに石けんシャンプーには、シャンプーの仕方にコツがあるようです。

 1.髪をぬらす前によくブラシする。
 ▼▼
 2.お湯で髪をぬらしながら、ここでもブラシ。
 ▼▼
 3.よくお湯で埃などを落としたら、ここでシャンプーをつける。
  しかし、最初の数日は 全然泡が立たないことも。
 ▼▼
 4.泡が立たない場合は、2-3回2と3を繰り返す。
 ▼▼
 5.すすぎ。これもとっても大事。
  ブラシしながら、よく石けんを落とします。
  ここで、石けんが残っていると リンスしてもべた付きます。
  本当にべたべたします。
 ▼▼
 6.リンスです。(リンスなしもOK。ただ、キシミ覚悟の場合。)
  洗面器にお湯を4cmぐらいはり、作ったリンス5-6回ポンプします。
  リンスを溶かして、髪を浸ける。ゆっくりと丁寧に。
 ▼▼
 7.ブラシをしながら、丁寧に流します。

こんな感じですね。
クリスマスごろから初めて、やっと板についてきた感じです。
今のところ、スカルプがよいっていう実感はまだないですね。

ご興味のある方は、レッツトライです!

まだまだ、わたしはこの手の事にヒヨッ子です。
限られた時間でできる範囲で 生活の中に ミニエコ?を取り入れたい!
なーんて思う、元旦翌日です。


posted by tom@ki at 02:22 | 東京 | Comment(0) | TrackBack(0) | 手作り


BlogPet*杏仁

adopt your own virtual pet!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。