2006年06月26日

マイケル・ケンナ展

やっと、行ってきました。

以前、友達からマイケルケンナのHPを教えてもらい、実物を見たい!っと思っておりました。

そして、去年年末ぐらいにマイケルケンナ展が写真美術館にくるって耳にしてから、絶対に行かなきゃ!っと。
しか〜し、結局、行ったのは残り2日の昨日、ギリギリで行ってきました。

PICT4376.jpg

ふ〜〜。

美しいです。
写真もプリントも。
でも、実物を見る前に思っていたのは、プリントサイズはある程度大きさのあるものだと感じてましたが、実際とても小さい。
いや、美術館で見るから小さく見えるのかもしれませんが。

でも、でも小さい。

本人のインタビュー記事にもそれについては、こだわっている様子でした。
“写真とそれを見る人との関係性がもっとも重要。人間の目は、30度ぐらいの角度は心地よく見ることができる。それは、約25cm離れた場所から4x5プリントを見ること・・・写真が秘密を持っていて、見る人が内緒話をするように小さなプリントを覗き込む・・私の写真は壮大ではっきりと描写している文章よりも、俳句のようであって欲しい。”

・・う〜〜む。
ややなるほど。。。
posted by tom@ki at 00:06 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ・写真
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/19853066

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。