2005年02月25日

初めてのレコード

BlogPeopleで、リンクさせていただいている
Big Kahuna burgerさんのページに、“子供の頃すきだったレコード”とあり
私も思いついた。

小さいときから家の両親は働いていたからか、
おもちゃはあまりなかったけど、レコードやレコード付き紙芝居などは
よそのおうちよりもたくさんあった気がする。

その中でもたぶん一番最初に私に買ってくれたレコード。
(いや、その前に家の母親が自分のためだと思われる“こんにちは赤ちゃん”もあったけど、、
私はあまり聞いた覚えがない)

kuroneko.jpg

もう、ぼろぼろの小さいドーナツ版で
真ん中の穴のところが星形で、歌詞カードとジャケット?のような
紙は、白黒っぽい、ブルーので印刷されていた。
あれは、何百回って聞いたよ!
もちろん、今だって全部歌える!!
黒猫のタンゴ

まだ、きっと家のどこかにあるのかな??
当時あったステレオは、クラッシックモデルで
今現役だったら、すごいかっこいいかも!
足つきのアンティーク風だった。
高校の時にレコードを聴いていたら、漏電してコードが切れた。
posted by tom@ki at 13:22 | 東京 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | つれづれなる_2005
この記事へのコメント
はじめまして。tifty@Big Kahuna Burgerです。
TBありがとうございます。今後ともよろしくお願いします。
黒猫のタンゴは、童謡集みたいなレコードに入ってたなあ。犬のおまわりさんとかと一緒に。懐かしい。。。
Posted by tifty at 2005年02月26日 00:45
コメントどうもです。
tiftyさんは、ピーターパンなんてオシャレな家庭で育ったんですね。
今、映画(ネバーランド)でも話題になってるし。
家には、残念ながらディズニーのレコードはなかったです、、
アンデルセンならあったような?(単に古いくさい・・)
とほほ。。
Posted by tom@ki at 2005年02月27日 03:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/2136180

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。