2005年01月23日

映画 Elephant〜エレファント〜 

エレファントというDVDをTSUTAYAで借りてきた。
上映しているときも気になっていた映画

elephant_main[1].jpg

ポスターもかわいかったし、台本のない映画だと聞いたので興味あり。
ポスターや映画紹介でもハリウッド映画とは思わなかったけど
こんなに重い映画だとは思わなかった。

1999年にアメリカのコロンバインで起きた事件
高校生が高校で銃を乱射した事件
事件は、何が原因かが犯人が自殺のため未だ解決してない。

 ★詳しい内容は、こちらにあります★

schoolshoot[1].jpg
 
覚えている

ガス・ヴァン・サント監督と主演のジョン・ロビンソのインタビューが最後にあって
少しこの映画が理解できた。
ちなみに、このジョンは1400人のオーディションから選ばれたらしい。

elephant_main02[1].jpg


台詞が全部アドリブらしく、ひとつひとつの言葉にメッセージはないらしい。
確かに、映像だけで内容はわかる。
見る側は事件の粗筋ぐらいは知っているし。

カメラワークというのか、それがまた緊張感が出てる。
ザッピング?デジャブ?って感じ。

テーマ曲が懐かしい“エリーゼのために”
これがまた、いい。
この曲も最初は、考えてなく 犯人役のアレックス・フロストが撮影の合間に
ピアノを弾いていたそうだ。
(全然関係ないけど、男の人のピアノって好きです。)
その曲が エリーゼのために
あの曲は、曲の波があり 楽しげな感じと寂しい感じ、激しい感じが交ざり、
ほんと、ぴったりだと思った。

銃で乱射(バイオレンス系)なのに、とても静かな映画
こんな能天気な私でも、ちょっとセンチな気持ちになっちゃった。
posted by tom@ki at 01:17 | 東京 ☀ | Comment(1) | TrackBack(5) | 映画*DVD

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。